menu

TOP
知人からの無心を上手に断る方法
お金の貸し借りのトラブルを避ける方法
お金が壊す人間関係
恋人に無心されたら
準備中
 人にお金を貸すのは言語道断! 



・・・・・・・・ 知人からの無心を上手に断る方法  ・・・・・・・・

誰でも一度は友人や知人からお金を無心されたことがあるのでもないでしょうか。

金額の大小を問わず、お金の無心は必ず断ることが鉄則で、
もしも貸す場合はあげるつもりで渡すほうが良いでしょう。

金銭の貸し借りはトラブルのもとになるものです。

お客が銀行からお金を借りるのとは異なり、
友人知人関係では、たとえ借用書があったとしても
どうしても甘えが出てしまうことがあり、計画通りに返済されないことがとても多いです。

また銀行と違って担保をとるということもできないので、
返済がされない場合は泣き寝入りするしかないでしょう。

このようなトラブルを避けるためにも、
最初に必ず断るという信念を持って貫きましょう。

しかし、やはり友人や知人にお願いされると断るのが難しく、
結局貸してしまうという人も多いのではないでしょうか。
そういう人は、その知人にキャッシングを
オススメしてみるのも一つの手かもしれません。

キャッシング業者の中には、
誰にもバレズにお金を借りる事ができる所もあるそうですので。

また、無心を上手に断るためには、日頃からお金の話はあまりしないことです。

年収や貯金がたくさんあることを知られると、
初めはその気はなくとも何かあったときにあてにされてしまいます。

実際に無心されてしまったら、相手の話をじっくり聞いたうえで、
貸せる現金はないけれども、別のことで力になりたいことを上手に伝えましょう。

または自分の家族から、
金銭の貸し借りはしないようにときつく言われていると断るのも良いでしょう。

どんなに親しい友人でも、
金銭の貸し借りはトラブルのもとであることを常に念頭においておきましょう。

copyright © 2014 人にお金を貸すのは言語道断! All Rights Reserved.